読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

君と僕の物語探検隊

迷えども、前へ。

天狼院記事更新

【天狼院記事更新】海は僕の中の欲望を映し出す。

手ごたえはなかったけれど、それでもいいのかな? 僕が所属している天狼院書店のライティングゼミで記事を掲載していただきました。海は僕の中の欲望を映し出す。《プロフェッショナル・ゼミ》 - 天狼院書店正直に言うとこの記事は掲載されないと思っていま…

【天狼院記事更新】地図のない旅が、自分を好きになるきっかけをくれた

去年の12月から天狼院のライティングゼミに通い始めて、4ヶ月が経った。やったことといえば、書いて書いて書き続けたこと。極端に言えば、それだけだった。でもそれは思うほど簡単じゃなかった。プロブロガーがブログを書くときに何が大事かと言われたときに…

【天狼院記事更新】さよなら、オオカミ少年の自分

大学生のときからずっと変わらずにいた。気づいている人は気づいていた。そうなんだよと、話してくれた人もいたと思う。ただ僕自身が気づいていなかった。その違和感にもう少しちゃんと目を向ければよかったのに。社会人になって、失敗して、追い詰められて…

【天狼院記事更新】「情熱格差」に負けない心を求めて

やりたいことがある人間が嫌いだった。そういう人間と話すのが苦手だった。話していると、心の中に淀みが出てくるのに気づく。太陽と話しているような気分になる。眩しいからこれ以上話さなくて欲しいと心の中で思ってしまう自分がいる。 それとは逆に「やり…

【天狼院記事更新】飾らないままでいいと教えてくれた、大事なパートナー

鍋にココアと砂糖と少しだけ水を入れる。最初は弱火で、焦がさないように。沸騰する前に一度火を止める。軽く粉が溶けたら、5分くらい寝かせて、牛乳を少しずつ入れながら沸騰直前に火を止める。ブランデーを最後に少し加えて完成だ。大学生のときに研究した…

【天狼院記事更新】「私のこと好き?」という呪いの言葉

「ねえ、私のこと好き?」彼女の声が電話越しに届く。「好きだよ」と僕は答えた。「じゃあ、私のどこが好き?」やっぱりそうきたか。この質問に僕は少し緊張した。「君の目標を決めて、計画的にやれるところが好きだよ」「大人しそうに見えて、実は強い意志…

【天狼院記事更新】生きていくために本音で話すことを覚えた

僕は呆然とした。ベトナムでのことだ。タイ、ラオスも旅してきたが、この国は異質だった。ほぼ確実にぼったくろうとしてくる。タイでもラオスでもぼったくりに狙われたことはあるけど、頻度が桁違いだった。僕は当時まだ大学生で、人見知り、かつ世間知らず…

【天狼院記事更新】歌うのも聞くのも実は同じことかもしれない

「城って人の歌を聞いてないよね」カラオケの場で会社の先輩にそう言われた。そしてこう続けられた。「というか、そもそも人のことに全然興味を持ってないよね」歌うのは好きだった。自分の歌いたい様に歌うのが楽しかった。反面確かに人が歌う歌には興味を…

【天狼院記事更新】失恋は鏡のように

「あなたが僕のことをどう思っていたとしても関係ない。僕はちぃちゃんを一生愛します」あの日僕はそう口にした。でもあとで知ることになる。自分が発したその言葉の軽さを。結局僕は自分のことだけしか考えていなかったことを。おかしくなったのは僕が転職…

【天狼院記事更新】僕はあの日の言葉を言い返さないと気が済まないんだ

サークルで出会ったあいつは無茶苦茶な奴だった。普段の学校に行くときにはジャージなのに急に欲しくなった服に4万使い、そのくせお金がないとか言ってたりした。滑舌が悪くて、スキだらけで、先輩からはよくいじられていたが、同時にすごく愛されてもいた。…

【天狼院記事更新】幸せとは「今死んでもいい」と思えることかもしれない。

僕はぎょっとした。「今死んでもいい」という言葉の内容にではない。そういった彼の表情があまりにも穏やかで本気だったからだ。 続きはこちらから。http://tenro-in.com/mediagp/30627 【記事解説】 マインドフルネスに興味をもつようになってあらためて、…

【天狼院記事更新】じゃあ僕はライティングの世界の桜木花道になろうじゃないか。

こんばんはー。12月から通い始めた天狼院のHPに僕が書いた記事が掲載されましたのでシェアします。http://tenro-in.com/mediagp/30390この天狼院のライティングゼミに所属して、ライティングのスキルの勉強をしています。読んでもらえたら嬉しいです。