読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

君と僕の物語探検隊

迷えども、前へ。

今すぐできるマインドフルネス実践!必需品を少し手放してみる。

ライターのじょーです。

やってみたいけれど、どういう感覚なのかわからない人はたくさんいると思います。

実践の方法はたくさんあるけど、どうしたらいいのかわからない人のために、今すぐやれるマインドフルネスの実践方法を少しだけ紹介してみたいと思います。

今回紹介するのは今すぐできますし、もしよかったらこのブログを読み終わってすぐに実践することも可能なので、ぜひやってみて下さいね。


f:id:y-j-etoile:20170419201913j:plain


こんな人に特にお勧め

  • スマホを常に持ち歩いて、離しているのが不安な人
  • スマホゲームが大好きで、いつもやっていたい人
  • 友達と連絡を取れなくなるのが、不安で仕方がない人

外に出て散歩してみる。

明るいうちでも暗いうちでもOKです。

できるなら、「散歩そのもの」を目的にしてやるのがいいかなと思います。

違うことを目的にすることが

歩いているだけですが、いつもと違う情報が入って来ます。

視点が下がって、スピードが変わるだけで、僕の場合は全然拾う情報が変わりました。

普段だったら、目にほとんど止めないバス停にいる人がどんな人なのかなとか、近くの結婚式場を歩くと草刈りをしているおじさんがいるなとか、車どおりが思ったより少ないなとか、自転車で通り過ぎているときには気づかなかったお店の存在に気づくこともありました。

身体の調子がどうなっているのか観察してみました。ちょっと腕を大きく振ってみたり、腰を回して歩いてみたり、歩くしかやることがないと歩き方もものの見方もいろいろ試してみたくなります

スマホがあると、そんなことはどうでもいい情報として切り捨てていただろうなと、そう思うといかに自分が目の前の情報を切り捨ててきたのかに気づきました。


今自分の習慣にしているものや状況をほんの少し変えることで行動が変わる

僕はスマホがないと不安でしょうがない人です。ルーチンとして組み込まれていることだと、そこから離れることが不安で仕方がなくなっています。そういう過去に縛られて今ここに目を向けない状態のことをマインドフルネスの本なんかでは「自動操縦」って言ったりします。

だから、逆にこのスマホを離して歩いてみるというのは、スマホを触っていないと不安で仕方がない人ほど効果があります

不安でこれまでないと不安だと思っているものを手放してみる習慣は、マインドフルネスの実践だけじゃなくて、自分の習慣を変えるきっかけになると思いますよ。


無理しすぎないで習慣化させる。

スマホを離すのが不安な人は5分離れるだけで不安という人もいるかもしれません。

そうなると歩きながらイライラしてしまったりもするかもしれません。早く帰りたいと思ってしまうかもしれません。なるべく、歩くことそのものに意識を集中してほしいのでその状態は好ましくはないですが、あまり無理をかけすぎると、嫌になって実践を辞めてしまいます。苦行にしないで無理なくやれる範囲でやってみることが一番です。

上にあげたことが難しい場合は仕事の昼休み中のお昼の時間だけでも、スマホを置いていくというのも大いにアリだと思います。

途中で辞めてしまったらせっかく気づきかけていたものもまたすぐ忘れてしまいます。僕だってしょっちゅうはやらないですし、気が付けば忘れているなんてこともざらにあります。

マインドフルネスの失敗は途中で辞めることです。一番の失敗はそこに尽きると言っても言い過ぎではない気がします。

www.story-searcher.com




ゆるーい気持ちで自分の気持ちや感性をちょっと観察して楽しむような気持ちで楽しんでみて下さい。

きっと楽しいですよ。





ではでは!